2016年4月17日  避難の勧め

皆様いかがお過ごしでしょうか。

こちらはまだ水俣の道の駅に居ます。明日は一旦事務所にもどろうかと思っていますが、必要な物を入手したらまた、車で移動する予定です。

今週はほぼ仕事はできない状況になるかと思いますので、何卒ご理解の程よろしくお願いします。

今回の地震は、多くの人が積み上げてきたものを一瞬にして壊してしまいました。日常が非日常となり、非日常が日常と化しています。

元妻や子供たちとも、明日からはそれぞれの判断で、別々の場所に身を寄せることになります。

これから、どういった形に落ち着くのか未だ不明ではございますが、私たちは大丈夫です。

さて、これをご覧になっている皆様で、避難所暮らしを続けている方々に提案です。今回の地震での被害規模から考えて、物資が今後十分に行き渡るのは相当に困難であろうと推測しています。

そういった理由から足を確保できる方は一時的にでも県外への避難などを検討してみてください。

少なくとも食事の問題やトイレの問題などは解決できます。

deltaworks 3860

 

© 2017 熊本復興大学 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS