熊本地震から時間軸を追って私たちがどう行動したのかFacebookのタイムラインを基本に組み立てみます。

 

市民ボランティアで動いている救援チームです。仕分けや輸送等の人員が足りていません。場所は健軍町のDーboy詳しくは先の記事をご覧ください

車で移動していて問題になるのはトイレ事情です。市街地のほとんどのコンビニなど断水のためトイレが利用できません。富合の心の医療センターの隣のセブンイレブン、食料もトイレもあります。ー 場所: セブンイレブン 熊本富合町店

車で移動していて次に問題になるのは、入浴のことです。ここ不知火の温泉センター営業中です。

時間は午前10時から夜の9時までです。

なんと公衆電話がありました。

この時間ほとんど車は停まっていません。開館したら朝から温泉に入って事務所に戻ろうと思います。
ー 場所: 道の駅不知火/不知火温泉ふるさと交流センター

車で移動する際に気をつけることとして、窓を少し開けて移動したほうがいいと思います。

緊急車両のサイレンの音が聞こえないことで事故などが起きる可能性があります。

先ほども救急車の音が聞こえないで、交差点に突っ込んできた人がいます。

本日家内の母を避難している益城町の施設から実家に戻すため益城町に入りました。

その際、その被害の大きさに残念ながらカメラのシャッターを切ることができませんでした。カメラマンとしては失格です。

このムービーはその途中の道すがらですが・・まだ町の形を留めて居る場所です。

© 2017 熊本復興大学 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS