熊本復興委員会【企業経済支援】

平成30年1月17日開催

熊本の被災医者をつなぐ熊本復興委員会の会議に出席しました。

熊本で被災者支援を続ける東京の行政書士水野様を囲んでの復興会議。

現在の熊本の状況や、それにまつわる対処法などが話し合われました。参加者の中には行政の方もおいでで、民官ともになって考えると言うか達が実現しています。

御船町地域おこし協力隊IT講習会

地域の為に働いて頂いている地域おこし協力隊の皆さんの活動の活性化と効率アップのために、IT講習会を開催しました。

基本的な情報共有を各種クラウドの技術を使って効率化します。

それによって、各自の活動のスタンスを確認でき、協力隊全体としての動きをスムーズにすることが出来ます。

講義内容

  • Googleドライブを使った情報共有の方法
  • セキュリティー対策における二重認証性設定
  • スマートホンとの連携
  • リンク共有からユーザー共有への変更
  • Facebookグループによるリアルタイムな情報共有
  • カレンダー等の利用の仕方
Tags:
Iot関連企業とのSkype会議

 福井県で、各種センサーなどの開発をしている山田技研様と熊本における災害対策のためのセンサー設置に関してのSkype会議を行いました。

山田技研様では福島における放射能館地位センサーやNEXCOへの道路状況監視センサーの納品などで実績のある会社で、熊本震災における土砂崩れ感知型のセンサーの設置に関してご協力いただけないか討議いたしました。

山田技研の皆様も前向きに対処いただける事になり、地元側の受け入れ態勢などの準備等が必要になってきました。

それを受け、いくつかの受け入れ先の可能性を図るために、関係者との調整に入っています。

 

Tags:
御船町「はたち日和」イベントレポート

平成30年1月7日開催

イベントの概要 

今回のイベントは、復興途上にある御船町において住民自らの発案で、新成人を祝うため企画された記念撮影を中心とした企画となった。
このようなイベントにおいて重要であろう部分としては下記の点が挙げられるだろう。
  • 住民自らの発案である事
  • それを後押しするコミュニティーの存在
  • 行政の協力
  • イベント実行における資金の調達

各点について分析を試みてみたい。

Tags:
© 2017 熊本復興大学 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS