新たな市民団体設立に向けて

昼間は現在準備している新たな市民団体の件で、某放送局の方々と打ち合わせ。今回はメディアも含め、初期段階から大きめの仕組みになる。

以前より書いている地域コミュニティーや既存の組合的組織が、様々な理由から活動を制限されている中で、新たな枠組みのコミュニティーの存在が必要とされていると思われるが、そういった仕組みの一つに育てばいいなと思う。

私達の地域の問題を解決するためには、市民、企業、行政そのすべてが繋がり目的を明確にした活動が必要となる。

その活動の支軸はどこに置くべきか?それはやはり市民なのだろう。その事は多くの人が理解しているはずであるが、実際には有効性、継続性などを担保することが難しい。

市民は個人の生活を守るのに必死。

だから、全体を考える余裕がない。

しかし、それぞれの市民が自分の出来ることを自覚し、行動を起こさない限り、状況は固定化され、全体としては徐々に悪化していくだろう。

何をするのかは各自に委ねられている。

なーんて・・どちらかというと社会から外れた生き方をしている私がこんな事考えるなんて何かがおかしい。

だから、夕食後、気分転換に行き先を決めずに車に乗った。

思いつきでハンドルを切ったのだが、結局港に着いた。今日は満月に近いし、雲が晴れれば夜の港の写真でも撮れるかと思ったが、雲が晴れることはなかった。

写真撮影 @河内塩屋漁港

© 2017 熊本復興大学 All Rights Reserved. Designed By DELTA WORKS